×
ファッション
2021.6.18
今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレ

1枚でコーディネートがグッと華やぐブラウスを4枚ご紹介!

今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレこれからどんどん薄着になる季節、体に纏う枚数が少なくなればなるほど、1枚でコーディネートの完成度がグッと高まって華やぐ『映えブラウス』が大活躍!かわいいを知り尽くしたHeatherからイチオシをご紹介。合わせはシンプルでも、ほら、こんなに華やか♡

花柄レースの色香に頼ってオールブラックで女らしくフェミニンに

今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレ# オーガンジーフラワー半袖ブラウス# スソティアードミニスカート# 3WAYPVCショルダー# アツゾコクロスサンダル# アクリルフレームサングラス# コバナモチーフイヤー

それだけで充分女っぽくて色っぽい花柄レースのブラウス。裾がフリルになったミニボトムを合わせても大人っぽい印象で受け止めてくれます。白小物を投入して軽やかさをプラスすれば、均整のとれたフェミニンスタイルが完成♡

オーガンジーフラワー半袖ブラウス
¥4,950

詳細はこちら >

スソティアードミニスカート
¥4,950

詳細はこちら >

3WAYPVCショルダー
¥5,500

詳細はこちら >

アツゾコクロスサンダル
¥6,600

詳細はこちら >

アクリルフレームサングラス
¥2,200

詳細はこちら >

コバナモチーフイヤー
¥1,430

詳細はこちら >

アウトしてもサマになる、短め丈を選べばスタイルアップもできる!

今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレ# ムジガラフロントシャーリング半袖ブラウス# ハイショクメロータイトスカート# クリアヒールサンダル# サークルカゴショルダー# アソートアクリルカチューシャ

裾をアウトした気張らない着こなしが気分の今。袖に立体感があるぶん、腰くらいのショート丈を選ぶと重心があがって、体型を問わずバランス上手に。縦のラインが強調されたゆるふわスカートを合わせれば、スラっとスマートに見えて。

ムジガラフロントシャーリング半袖ブラウス
¥4,400

詳細はこちら >

ハイショクメロータイトスカート
¥4,950→ SALE

詳細はこちら >

クリアヒールサンダル
¥6,600

詳細はこちら >

サークルカゴショルダー
¥4,950

詳細はこちら >

アソートアクリルカチューシャ
¥1,210→ SALE

詳細はこちら >

上半身で盛ったらボトムで抜いて。エフォートレスな着こなしに

今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレ# ムジガラスクエアノースリーブブラウス# ECOスリムフィットスラックス# アソートフリンジBAG# メッシュフラットサンダル ※WEB限定# フラワーマンテルネックレス

トップスの女っぷりの高さをちょうどよく中和しつつ、リラックス感も得られるスラックスが今の時代と気分にしっくり。イージーなムードがフリルブラウスの女っぽさと華やぎを上手に引き立ててくれます。かっちりバッグとサンダルで上品モードに拍車をかけて。

ムジガラスクエアノースリーブブラウス
¥4,400

詳細はこちら >

ECOスリムフィットスラックス
¥5,500

詳細はこちら >

アソートフリンジBAG
¥4,950→ SALE

詳細はこちら >

メッシュフラットサンダル ※WEB限定
¥4,400

詳細はこちら >

フラワーマンテルネックレス
¥1,980

詳細はこちら >

ピンクとブラウンの絶妙グラデが洒落感を呼んで

今、必要なのは『映えブラウス』!顔回りが華やぐオススメ4枚はコレ# 3WAYカシュクール半袖ブラウス# フラワージャガードキャミソール# カラートロミパンツ# トリミングスクエアBAG# ギャザーフラットシューズ# 3Pリングセット

コンシャスなブラウスをパステルカラーで楽しみたい日は、大人っぽいラベンダーピンクが狙い目。羽織としても使えるカシュクールブラウスは、前後逆にも着られる3WAYデザインだから1枚持っておくと便利!パンツは感度の高いブラウンをなじませて、可愛げと旬度を手に入れて。

3WAYカシュクール半袖ブラウス
¥4,400

詳細はこちら >

フラワージャガードキャミソール
¥2,750

詳細はこちら >

カラートロミパンツ
¥5,500→ SALE

詳細はこちら >

トリミングスクエアBAG
¥4,950

詳細はこちら >

ギャザーフラットシューズ
¥3,960

詳細はこちら >

3Pリングセット
¥1,980

詳細はこちら >

STAFF
Photo:Satoko Munetaka
Styling:Mana Takizawa
Text:Mami Osugi

前の記事へ 次の記事へ
おすすめ記事